2012年

2012年度は、高速バスの立ち寄りが可能な規模のトイレの設置を検討することとなり、そのトイレ及び全体活用計画の提案をぜひ黒石ラボにと新庄市から委託していただきました。そのため冬・春・夏に新庄を訪問し、旧蚕糸試験場のインフラ設備や植生の実測調査、図面作成、地域でのヒアリング、文献での調査などを行いました。そして、11月に「エコロジーガーデンエコトイレ設置と全体活用の提案書」を新庄市の商工観光課に提出しました。

2月「連鎖する心」展@新庄市「ゆめりあ」
2011年度の研究成果の発表、東京から新庄への働きかけの場として「連鎖する心」展を開催しました。具体的には黒石研究室の①研究成果の発表・②地元の方とのトークセッション③新庄についてのアンケート集計を行いました。ちなみに「ゆめりあ」というのは、新庄市を含む最上地方8市町村の拠点としてJR新庄駅に併設されている施設です。

5月 エコロジーガーデンのインフラ図面作成
トイレの設置場所の検討や全体活用提案のためのデータを集めるために、エコロジーガーデンのインフラ設備・植生などの調査をして図面作成を行いました。

8月 新庄祭りへの参加及び、提案書の中間報告
昨年同様、今年も上茶屋町若連の祭り前数日の山車制作及び当日の山車運行に携わらせていただきました。具体的には子供たちとの花付け、船(山車の舳先)の装飾、梶棒の操縦、電線上げ、花もらい等々さまざまな工程・役割を体験しました。実際に祭りに参加することで、地域のコミュニティ、祭りに対する地元の方々の思い、まちづくりにおける祭りの重要性などを学ぶことが出来ました。また、提案書の中間報告を新庄市役所で行い、修正やご意見を頂きました。

11月 「温故知新」展を渋谷区アスタジオにて開催
2012年の研究成果の発表、東京での新庄を発信する場として「温故知新」展を2日間開催しました。2012年の研究成果である、「エコロジーガーデンエコトイレ設置と全体活用の提案書」 「新庄祭り開催までの裏側の映像」「2012年度の活動内容紹介パネル」を展示いたしました。